忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日あたりから本当に寒くなってきました。
いよいよ冬らしくなってきました。
台南出身の私は、寒さに弱く、もう春が待ち遠しいです。

先日ご紹介した月和茶の湯圓 、台湾では、冬至に食べますが、
お正月や結婚式などでも食べます。

その場合は、中身は無く紅白の団子です。
台湾の本によると「吉祥」と「潔白」を表すとか。
団子は365個作ることもあるそうで、
団子は丸い天体をあらわしている。天体は丸く、陽を求めている。
冬至のときに初めて生じた一陽の気が365日の間
ずっと家庭の縁起をよくするように、祈るのです。
 
中国では、団らんを求めるという意味のようです。
日本では、おめでたいとき紅白まんじゅうを配りますね。

月和茶では、食べていただく方の一年の健康を願って
湯圓を作ることにしています。


    台湾茶藝館 月和茶(ゆえふうちゃ) 吉祥寺


PR
月和茶ゆえふうちゃ 吉祥寺
JR/井の頭線「吉祥寺」徒歩5 地図
武蔵野市吉祥寺本町2-14-28 大住ビル2F
TEL:0422-77-0554

営業時間
平日)11:30-18:00
土、日、祝)11:30-22:00
  火曜定休(祝日の火曜は営業)

*******************************

メニュー スタッフ募集 店主より

*******************************
メールでのお問い合わせは>>>
*********************************


「月和茶」は中国語で「月とお茶」という意味です。

台湾の人達は今も、月と密接な関係にある旧暦で

暮らしています。そんな日常としての旧暦(月)と

お茶を日本の人達に知って欲しい、そんな気持ちで

店を作りました。台湾の古い民家を再現した店内

にはゆったりとした台湾時間が流れます。台湾茶と

台湾家庭料理をベースとしたオリジナルの薬膳メニ

ューなどが.. 月を眺めながらするお茶のように、

自然を感じられる空間と体に優しいメニューを

お楽しみ下さい。

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Administ | NewEntry

(C)2008Yue-He-Cha All Rights Reserved

フリーエリア
リンク
忍者ブログ [PR]